ごあいさつ

工事日記

2021-05-31 12:50:00

今回は前回のマンションのトイレ工事の進行画像です。

1622077551666.jpg

DSC_1392.JPG

お世辞でもきれいとは言えません。正直これでは座れませんね。

きれいにしましょう。

DSC_1504.JPG

トイレを撤去して2種類のクロスを使いました。

腰見切りは木材を塗装しております。

DSC_1505.JPG

上の吊戸棚の扉だけをシート工事して木目調を強調します。

DSC_1509.JPG

今回はパナソニックのアラウーノを設置いたしました。

次回は浴室編です。

 

 

 


2021-05-29 21:01:00

マンションリフォームの続きです。

今回はキッチンの工事状況をまとめてみます。

先ず解体工事から下地(軽量鉄骨)工事を行いそれに合わせて給排水を整えます。

1622077539102.jpg

 

リフォーム前のキッチン正面画像

1622077556094.jpg

解体工事前のキッチンの裏側画像

ここから解体して

DSC_1386.JPG

DSC_1385.JPG

次はボード工事です。

壁を張っていきます。この時にキッチンのカップボードを壁に止めるベニヤ板を仕込みます。

DSC_1429.JPG

DSC_1430.JPG

ここまで来たら仕上げ工事をしてキッチンを組み上げます。

DSC_1527.JPG

DSC_1516.JPG

正面カウンターの下は石材です。

DSC_1522.JPG

DSC_1525.JPG

カップボードの中空の壁はお客様からお預かりしましたタイルです。

このように弊社はお客様がお探しになった材料も共に活用させていただき工事を致します。

DSC_1524.JPG

次回はトイレのリフォームをまとめます。

 

 

 


2021-05-27 10:25:00

今回は、とあるマンションリフォーム工事の画像を上げさせていただきます。

現場は火事を起こして5年程放置した物件で少し特殊でした。

こんな感じで

1622077556094.jpg

1622077551666.jpg

1622077539102.jpg

DSC_1312.JPG

カビもひどく臭気もすごかったのですが、解体→造作→仕上げ工事

普段通りの段取りで粛々と工事を行います。

手始めに解体ですが今回は全面リフォームの中でも残すものは残して予算内に合わせる工事なので全部は壊さずに精密に行います。

DSC_1386.JPG

 

壊す壁や残す天井、クロスだけを張替えればいい所などはボードを残しつつ

新しいシステムキッチンの間口に合わせて軽鉄を立てます。

 

DSC_1388.JPG

 

必要な天井は残しつつ新しい扉を付けるので今までの戸袋は解体しつつ必要な高さに合わせて軽鉄を天井部に作ります。

 

 

DSC_1395.JPG

 

余計な所を壊すと予算内に収まらないので気が抜けません。

リフォームのご希望の際は必ずご予算がありますが弊社はどんな予算でもご相談にのり、その予算内に工事を行いますのでご安心ください。

 

 

 


2021-01-16 12:29:00

問い合わせが増えてきたので本格的に勉強して理解しましたので弊社もこれからご支援させていただきます。

簡単に説明しますと今回東京都で行っている制度は法人、個人事業主対象です

具体例

トイレ工事 (自動開閉、自動水栓付き対象)

壁紙、床工事(清拭できる素材や抗菌仕様への張替え)

換気工事(給気、排気、エアコンも含む)

自動扉へ更新

サーモグラフィー、サーモカメラ設置

等が対象の様です。

トイレ工事や壁紙の張替え等では100万円、換気工事が含まれれば200万円まで助成金が出るそうです。

ただし3分の2なので例えば100万円ですと税込み110万円ですので67万円は助成金で支給ですが残りの消費税と33万円はご本人の負担になります。

弊社にご相談していただければ現場調査後、申請書の書き方のご相談はもちろん必要な図面や書類もご用意させていただきますのでご安心ください。

申請期限は令和3年2月26日迄ですのでお早めにご連絡いただければ早急に対処致します。

現場調査から申請書類を作成するまでに7日はかかりますのでご注意ください。

記入例や東京都助成金のガイドラインURLを載せておきます。

pdf 東京都コロナ対策工事助成金申請書 1 弊社の場合記入例.pdf (0.14MB)

 

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/kansentaisaku.html

 

 


2021-01-14 06:43:00

あけましておめでとうございます。

11月からアップをさぼってしまいました。すみません。

ただ昨年、日記をさぼり始めた11月頃から助成金を使用して、、、のご相談が多くなりました。

現在も空調換気や壁の抗菌対策、自動水栓機能、窓の断熱工事(2重窓)等、様々な東京都監修での助成金制度があります。

この助成金制度短い場合3か月で終わってしまったりするような物もあるので私どもも対応に追われることが多々あるのですが今回は

結構長いみたいですよ。

その中で昨年末に着工した案件をご紹介します。

 

内容は

業務用エアコン換気機能付更新工事

エアコンに換気機能が少額でつけられる優れものです

これ

h1.png

ダイキンさんで出ております。

簡単にご説明すると冷暖房や送風など使用しながら外の新鮮な空気を取り入れられる機能です。

従来にもあるのですがロスナイ機器を使用してだと工事費がかなりかかります。

けどこちらに至っては機器自体が12万程度なのでコスパ半端ないです。

エアコン本体は多少しますが更新工事は業務用であれば10年~15年でしなければならないのでご機会があればこれからの時代ぜひ!ご検討を!

 

ただ・・難点が・・

これつけると高さが10cm程度大きくなるのでご注意を

天井の懐(天井内の空間)がないとチョットでます。(^^;

画像アップ

このエアコンを古いので更新します。

DSC_1324.JPG

20年選手だそうです。

撤去開始

DSC_1327.JPG

室外機もガス抜いて

DSC_1328.JPG

交換しまーす

DSC_1330.JPG

DSC_1332.JPG

チョットでました(;'∀')

塗っちゃいましょう!

DSC_1345.JPG

完成

DSC_1352.JPG

現場状況で80万~から対応できます。

今なら助成金使えます。

都が3分の2出してくれるそうです。

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...