ごあいさつ

  • ご費用・お見積もり(見積無料)

    内外装・設備工事となんでも幅広く細かい工事に対応しています。何度でも無料見積りさせていただきます。
    住宅リフォーム、店舗工事なんでもご相談ください。

    即日対応と致しまして、すぐにお見積りや調査が必要な場合、下記の携帯電話へ連絡下さい。担当者につながります。土日祝日も受付しております。

    090-4623-8924

    リフォームや内装工事を行う適切なタイミングを知ろう!!

    家のリフォームを検討している場合、「リフォーム目安はどの位?」と、リフォーム時期に悩む方は少なくありません。ですが、リフォームを行うタイミングは、各場所それぞれによって異なります。リフォームする適切な時期について色々見ていきましょう。

    家をリフォームするタイミングについて

    外壁リフォームの場合

    外壁リフォームは、家を建てて約10年程度を目安に塗装工事を行うことが一般的です。しかし、外壁の種類でもサイディングの場合には、外壁材の張り替え、重ねて張り付けるなど、工事に手間がかかる場合もあります。外壁と言うのは、経年変化で自然に劣化していきます。なので、例えば、10年を過ぎていても、ひび割れや剥がれなどの劣化が目に見ない場合でも、塗装のメンテナンスを行うことで、安心した快適な暮らしを続けていくことができます。

    屋根リフォームの場合

    屋根リフォームは、約10年ごとに塗装工事や葺き替え工事を行い、強くてキレイな屋根の状態を維持することができます。なので、外壁と同じタイミングでのリフォームが行われるケースが多いです。屋根と言うのは、家の真上部分に当たる為、紫外線や雨などの外的影響を強く受けています。普段、見つけることは無くても、実は、屋根の劣化が酷く進行していることはよくあります。例えば、雨漏りなどの状態が見られないとしても、10年を目安にちゃんとメンテナンスしておくことで、未然にトラブルを防止することができます。

    外壁と屋根のリフォームは同時がお勧め!

    足場代の節約になる
    外壁・屋根のリフォームを行う場合、安全で円滑な作業を行う為に足場設置は必ず必要になります。しかし、足場と言うのは、家30坪の場合だと約10~20万円程度発生してきます。外壁と屋根のリフォームを時期を別々にすると、足場代がかさんでしまいます。そこをまとめてリフォームすれば、一回分の足場費用で済ませることができ経済的です。
    業者を選ぶ際に1回で済ますことができる
    外壁・屋根のリフォームを行う場合、業者選びの際に手間や時間がかかります。複数社から見積もりをとる場合が多いので、相見積もりが基本になりますよね。しかし、外壁と屋根を別の時期にリフォームすると、見積もり比較にも手間や時間がかかり、業者選びだけで大変ですよね。なので、一つのリフォーム業者に絞って依頼することで、家の相談が直ぐにできメンテナンスも直ぐ行ってもらうことにも繋がります。
    リフォームをまとめて行うことで経済的に済む
    外壁・屋根のリフォームを行う場合、大体二週間前後の期間を要するのが一般的です。しかし、天気の都合では二週間以上かかるケースもあります。工事期間中と言うのは、職人が家の敷地内の出入りがあったり、塗料により匂いが家周辺に広がったり、通常の暮らしとは異なる環境になります。特に、足場に関しては家周辺を囲まれたり、外に洗濯物を干せない状況になったり、生活ストレスを感じることもあります。なので、外壁・屋根のリフォームをまとめて行うことで、工事中に感じるストレス少しで済ませられます。

    内装リフォームの場合

    お風呂リフォーム

    お風呂場リフォームは、お風呂の空間は毎日使う場所ですよね。家を建てて約15~20年を目安に行うのが一般的です。お風呂と言うのは、家の中で最も水の使用がある場所なので、水や湿気の劣化は大きいです。例えば、壁のひび割れ、パッキン部分の隙間、お風呂の水が壁内部に浸透するなど、様々な症状が発生します。また、特に不具合が見られなくても大きな工事を要する前に、約15~20年を目安に点検やメンテナンスを行うのがお勧めです。トトイレリフォーム

    トイレリフォームは、トイレは日常生活で何回も使う場所です。なので、経年劣化も進行しており、突然、使用できなくなると困ります。殆どトイレは陶器で出来ているので、ひび割れが起きない限りは耐久性を維持することができます。しかし、トイレを構成する部品と言うのは、約10~20年程度で劣化するのでメンテナンスの必要があります。

    キッチンリフォーム
    キッチンリフォームは、水・火・油を使用する特殊空間です。キッチンの場所によって劣化には差がありますが、約10~20年程度を目安にリフォームするのがお勧めです。特に、排水管などは目に見えませんが劣化しているものなので、突然、水が流れない、床から水漏れが起きるなど、急に不便になってしまうこともあります。清潔でしっかり機能するキッチンを維持する為にも、不具合があればキッチンリフォームを行いましょう。
    壁紙リフォーム
    壁紙リフォームは、傷み具合によってリフォームする時期は異なります。一般的には、家を建てて約10~15年程度でリフォームするのがお勧めです。壁紙と言うのは、湿気や乾燥で膨張や収縮を繰り返します。なので、その動きが何年も続けば、自然と壁紙は剥がれてきます。また、タバコを吸う環境であればヤニで壁紙が黄ばむ、日差しが常に当たりやすい場所は変色するなど、色々と変化が見られます。毎日快適に生活する為にも、傷んだまま放置せずメンテナンスしていきましょう。
    フローリングリフォーム
    フローリングリフォームは、家を建ててから約10~15年程度でリフォームするのが目安です。フローリングと言うのは、重い物をぶつけると傷が付く、カーペットの敷きっぱなしでカビが生えるなど、色々変化が見られます。また、フローリングも壁紙と同様、日焼けしてしまうケースもあり、日焼けが目立ちやすくい場所でもあります。視界に自然と入るフローリングは、定期的にリフォームを行い、綺麗な状態のフローリングを保ちましょう。

    リフォーム目安はあくまでも参考基準!

    リフォーム目安には年数がありますよね。しかし、一般的なリフォーム時期の目安より、早い段階で劣化や不具合などが生じている場合には、早めにリフォームしてもらうのが賢明です。施工不良も考えられるので、そのまま放置してしまうと、劣化状況が酷くなってしまう恐れもあります。また、リフォームしたいと思ったタイミングも大事です。リフォームしたいと言うことは、今の暮らしの状態に満足していないことでもあります。なので、快適な暮らしを送っていく為にも、「リフォームしたい」と思った時にリフォームを行うのがお勧めです。

    リフォーム・内装工事・水回り工事の際に見積もりに必要なポイントとは?!

    いざ、リフォーム・内装工事・水回り工事などを行う際、一般的に見積もりを取ってもらいますよね。しかし、見積もりを取ってもらっても、一体どこに注目することが大切か分かっていない方は意外に多いです。ここでは、リフォーム・内装工事・水回り工事の際に見積もりに必要なポイントをお伝えします。

    見積りしてもらう際の心得とは?

    リフォームを行う目的を明確にすること

    リフォームと言うのは、計画的に行うことが大切です。なので、実際にリフォームを行う際の見積もりを取ることで、検討する段階で大体の予算を把握し、しっかり目的を明確にしておくことが失敗しないポイントです。基本的にリフォームは、リフォームを行う場所、範囲、内容など、これらの要素によって費用や工事を行う期間も変わります。リフォームの見積もりでは、どうリフォームするかヒアリングした上で、最適なリフォームプランを立て、予算を出します。その為、リフォームを行う目的は明確にしてから具体的な見積もりを取る、これが見積もりしてもらう際の重要なポイントと言えます。

    リフォーム相見積もりを依頼する際のポイントとは?

    リフォームする際の条件や費用予算は具体的にすること

    リフォームを行う際に積もりを依頼する際は、リフォーする条件や費用予算などをしっかり具体的にした上で、見積もり依頼することが大事になります。例えば、相見積もりを行う場合でも、リフォームする条件が同じで無ければ、正確な工事内容、使用材料、工事費などはそれぞれ違ってきてしまうからです。仮に、外壁リフォームを依頼する場合、外壁の張替え、カバー工法、使用塗料の種類、外壁材の種類など、色々な作業工程が異なってしまうと、工事費用に関しても大きく差が発生してきてしまいます。

    見積もり項目は細かな記載がポイント

    一般的に工事費用と言うのは、材料費、施工費、諸経費、この3つで構成されています。材料費は工事に必要な建材・材料、また、副資材費であり、施工費は工事を行う人件費になります。さらに、諸経費は、工事作業進捗管理の現場管理費、一般管理費の2タイプがあります。見積もりは、今挙げた費用項目に関して、細かく、且つ、具体的に記載してもらうのがお勧めです。工事や作業種類ごとで費用を把握できれば、見積もりの妥当性の判断にも参考になります。

    不明点は直接話を聞いてクリアにする

    見積もりに関して、疑問点や不安な要素があった場合には、しっかり解決してから納得のいくリフォームを行うことが大切です。なので、色々な事をクリアにする為にも、直接話をして解決しておくことが大事になります。直接話すことによって、工事の技術力の他にも、コミュニケーション力を知ったり、誠意を感じることができたりしますよね。特に、リフォームを行う際の満足度と言うのは、リフォーム技術力はもちろん、相性と言うのも大きく影響してきます。基本的に、リフォーム工事は居住したままの状態で施工が行われるケースは多く、スムーズな工事の進行には相性の良さも大事なポイントです。

    見積書を理解するためのポイントとは?

    見積書には有効期限がある

    見積書と言うのは、基本的に有効期限が存在します。一定時間が経過してしまうと、無効になることを知らない方も多いのではないでしょうか。工事の総額に関しては、それはあくまで予算の目安です。なので、実際に発生してくる費用は、材料価格や職人手配などによって金額が異なってきます。また、材料価格は日々変動しているので、見積書は一カ月~三カ月程度の有効期限が設けられています。期限過ぎた後で工事発注すると、再度、見積書を依頼しなければなりません。

    正しく内容を理解すること

    見積書は、内訳も関して正しく理解することが大切です。内訳と言うのは、内装工事見積書の中心となるもので、全体の工事費に対する各工事費用を知ることができ、工事項目費用に関して比較が可能です。例えば、お店を開業する場合には、業種ごとで予算を多く取る工事項目もあります。このように、工事費用を重点的にどこにかけるか、それは各リフォーム内容で異なることを覚えておきましょう。

    各工事の明細書も確認すること

    見積書では、各工事の明細書の確認も大事です。その理由は、各工事の明細書確認で工事金額と実際に行う工事、これらをしっかり結び付けて考えることができるからです。工事には様々な段階があるので、その工程に応じて明細書は作られています。仮設工事、軽鉄工事、左官工事など、色々と項目があるのでしっかり確認しましょう。

    見積書の見るべきポイントとは?

    作成日を確認すること

    見積もりを業者からもらうことは、必ずしも一回だけとは言えません。なので、自分でどの時点で見積もりされたかの確認ができるように、作成日が間違っていないかの確認は大切です。

    使用される商品名の記載があること

    商品名と言うのは、メーカーと品番です。これらが正しく見積もりに記載されているかの確認は大事です。これは、希望商品が間違っていないかの確認で、もし、間違いが見つかった場合には、メモして後日質問するようにしましょう。

    単価の明記があること

    単価の記載も確認ポイントです。例えば、記載されていなかったり、同商品で他社と価格に大きな差があったり、単価相場を確認する上での参考になります。

    数量が明記されており妥当であること

    見積書では、面積や時間などの記載も確認しましょう。プラン図を見て面積や数量が妥当かの確認は大切です。悪徳業者になると、数量を水増しする会社もあります。基本的に面積や施工時間は、リフォーム会社ごとに計算方法は異なるので、疑問点は質問して納得のいく説明が得られることも大事です。

    諸経費は工事費の何%であるかを見ること

    この比率は各業者によって差はあります。しかし、高い場合には一体何が含まれているか聞くのもありです。通常あれば、全体工事費の約10〜15%が平均的ですが、中にはもっと高く取っている所もあります。

    合計金額をしっかり確認すること

    見積書では、単純な計算間違いがある場合もあります。なので、自分でもしっかり確かめて間違いが無いかの確認をしましょう。

    見積もりに有効期限があるか確認すること

    しっかりと有効期限の確認もしましょう。基本的に、期限を過ぎた見積書と言うのは、材料費に変動がでるので、全体の金額も変わってきます。また、短すぎる見積書の有効期限も注意が必要です。悪徳業者の中には、キャンペーン期間中を売りにして契約を急がせることもあります。リフォームと言うのは、急に何でも決められるものではありませんよね。そこを理解してくれることも大事なポイントです。

    リフォームのご相談はお気軽に!

    リフォームをお考えの方は、【株式会社みつい】にご依頼ください。【株式会社みつい】では、住宅内装外壁、店舗工事、コロナ対策工事、トイレ・キッチンなどの水廻りリフォームに対応しております。お客様のご要望やご予算に合わせて、適切な施工内容や費用をご案内いたします。
    即日対応を心掛けており、ご依頼後すぐに現場に伺い、現状を確認させていただきます。地域に密着したリフォーム会社としてどんな小さな工事にも対応いたしますので、住まいのことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。
    丸投げ工事は一切ございません。直接対応と直接施工をするのでお安く工事ができます。

    江東区・中央区でリフォームを承る【株式会社みつい】のコラム